NO WAY HOME-生きる場所がなくなった野生動物

商品名 : NO WAY HOME-生きる場所がなくなった野生動物

価格 : 1,500円 (税込 1,620円)

著:ディヴィッド・S・ウィルコブ、訳:加藤恵子

ショップポイント : 150

数量 :


★NEWSリリース★
(2010/11) 【東商新聞11/20号】で『NO WAY HOME』(バベルプレス刊)が紹介されました。

(2010/11)  【週刊読書人11/19号で発表された、日本図書館協会選定図書】の自然科学部門に『NO WAY HOME』が選ばれました。

(2010/10) JUON NETWORKのブログで『No Way Home』が紹介されました。

(2010/8) 9/13、「移住」動物たちの未来は?個体数の減少が危ぶまれる野生動物の実態に迫る!『No Way Home』がバベルプレスより発売!


(2011/9)「NO WAY HOME-生きる場所がなくなった野生動物」のご注文(書店様用)はこちらをクリックください


【バイリンガルリーディングのすすめ!!(原書+翻訳書)】作品の原書と翻訳書を読み比べてみて下さい。新しい楽しみ方が見つかります!!
↓↓↓


★原書購入はこちらから No Way Home: The Decline of the World's Great Animal Migrations ★



★内容★
 
近年、野生動物たちが「絶滅の危機に陥っている」とよく耳にします。 事実、その膨大な数にもかかわらず、私たち人間の生活が多様になるにつれ、野生動物の生息数が減り続け、種の保存に必要不可欠な移住という行ないが妨げられているのです。それは陸上だけにとどまらず、空路、水域で起こっているのが現状です。
 

         
  ` 
Katsuhiko Ninomiya                      Katsuhiko Ninomiya        
                   
こうした野生動物の「移住」に焦点をあてて書かれたのが本書です。 著者であるプリンストン大学の生態学教授デイヴィッド・ウィルコブ氏は、生動物の生態の変化を憂慮し、世界中で移住する動物(渡りをする生き物、移動する哺乳類、回遊魚を総称して)が劇的に減り、また「移住」自体が消えていく現象に警鐘を鳴らしています。

        
  
     Mina Otani                               Akinori Mizuno
                   
            
本書は空・陸・水の3部に分かれており、各章ごとに比較的わかりやすい動物を取り上げて、著者とその他の生態学者たちが実際に体験した調査を踏まえて、動物たちの驚くべき仕組みを紹介しています。

★目次★
序   章・・・・・ 移住


(上空で)
第一章・・・・・ 空虚な空

第二章・・・・・ チョウたちの山、バッタたちの雲 

(陸上で)
第三章・・・・・ 緑の牧草を求めて

第四章・・・・・ バイソンが闊歩していた土地


(水中で)
第五章・・・・・ 海に迷う

第六章・・・・・ 流れに逆らって

○終 章・・・・・ 移住に未来はあるのか  ○謝辞・訳者あとがき・原注


★著者★
デイビィッド・S・ウィルコブ(David S.Wilcove


プリンストン大学教授。専門は生態学、進化生物学、公共問題。ニュージャージー州オ
ーデュボン協会理事。ダーウィン科学アドバイザリー協議会、ガラパゴス・コンサーバ
ンシー委員など。野生生物保護における世界的権威。生物多様性の保護、特に、絶滅の
危惧される種、渡りをする種および原生域を守るための革新的な手法の開発を焦点に研
究する。著者に”The Condor's Shadow:The and Recovery of Wildife in America”が
ある。そのほか科学雑誌、一般誌への寄稿は多数。


★書誌情報★

原書:NO WAY HOME

タイトル:NO WAY HOME 


著者:ディビィッド・S・ウィルコブ

 
訳者:加藤恵子

ISBN:9784894491045

出版社:バベルプレス

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません