• トップ
  • 絵本特集
  • シャロットの姫-著:アルフレッド・テニスン、絵:ジュヌヴエーヴ・コテ、訳:長井芳子

シャロットの姫-著:アルフレッド・テニスン、絵:ジュヌヴエーヴ・コテ、訳:長井芳子

商品名 : シャロットの姫-著:アルフレッド・テニスン、絵:ジュヌヴエーヴ・コテ、訳:長井芳子

価格 : 1,300円 (税込 1,404円)

著:アルフレッド・テニスン、絵:ジュヌヴエーヴ・コテ、訳:長井芳子

ショップポイント : 130

数量 :



★NEWS★
『シャロットの姫』〜五感の薔薇展(港区・高輪)にて展示販売されています!
                            5/12(水)〜5/19(水)〜

(←Oculus HP) 
                    ↑↑↑
五感の薔薇展では、『シャロットの姫』の詩にちなんで作られた「レディー・オブ・シャロットの薔薇」と一緒に並んで展示されています!!


(2011/9)「シャロットの姫」のご注文はこちらをクリックください(書店様)


【バイリンガルリーディングのすすめ!!(原書+翻訳書)】作品の原書と翻訳書を読み比べてみて下さい。新しい楽しみ方が見つかります!!
↓↓↓


★原書購入はこちらから The Lady of Shalott (Visions in Poetry) ★

★内容★

アーサー王伝説に登場するシャロットの姫は、不思議な予知の能力を持つ清らかな美しい姫です。

呪いをかけられたために外の世界を見ることもできず、ひとり塔にこもり、鏡に映し出される現実の世界を次々にタペストリーに織り上げています。



★著者★

アフルレッド・テニスン サイト

初代テニスン男爵アルフレッド・テニスンはヴィクトリア朝時代のイギリス詩人です。

★長井さんからのおすすめ★

ヴィクトリア朝の桂冠詩人アルフレッド・テニスンの代表作の一つ「シャロットの姫」に、カナダの女流画家G.コテが絵を付けて本書が誕生した。

清く美しい悲劇の姫の物語は、5〜6世紀のブリテンで形成された「アーサー王と円卓の騎士」伝説の一環を成し、多くの芸術家にインスピレーションを与えてきた。

コテの斬新な解釈は詩に新しい息吹を吹き込み、現代に生きる私たちに、示唆に富んだ貴重なメッセージを伝えてくれるだろう。

★書誌情報★

原書:THE LADY OF SHALOTT

タイトル:シャロットの姫

著者:アルフレッド・テニスン

絵:ジュヌヴエーヴ・コテ

訳者:長井芳子

ISBN:978-4-89449-088-8

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません