• トップ
  • 絵本特集
  • 『もう いいかい?』アイリーニ・サヴィデス(作)オーウェン・スワン(絵)菊田 洋子(訳)

『もう いいかい?』アイリーニ・サヴィデス(作)オーウェン・スワン(絵)菊田 洋子(訳)

商品名 : 『もう いいかい?』アイリーニ・サヴィデス(作)オーウェン・スワン(絵)菊田 洋子(訳)

価格 : 1,600円 (税込 1,728円)

ショップポイント : 160

数量 :

★NEWSリリース★

(2013/1)2/20発売!大好きなおじいちゃんと大好きなかくれんぼをしよう!
でも、どうしてだろう、なかなか見つけられない……。
「いってしまった」大切な人を探す男の子の、心の成長を描く絵本!!『もう いいかい?』 〜


【バイリンガルリーディングのすすめ!!(原書+翻訳書)】作品の原書と翻訳書を読み比べてみて下さい。新しい楽しみ方が見つかります!!
↓↓↓

★原書購入はこちらから HIDE and SEEK ★ 



★内容★

以前よくかくれんぼをしていて、おじいちゃんに見つけられた場所に隠れる「ボク」。階段の下、ドアのうしろ、ベッドの下、木と木のあいだ……。
そのうえ、おじいちゃんのコートをはおってみたり、靴をはいてみたり、一緒にやった凧あげをしたり。

「はやく出てきて、いっしょに遊ぼうよ」と、誰ともなく語りかけますが、いつまでたっても大好きなおじいちゃんは出てきてくれません。「ボク」はこの遊びがだんだんつまらなくなってくるのですが……。

繊細で多感な少年の心が見事に描写されていて、「ボク」の行動一つひとつに胸がキュンとなりますが、悲しみで胸がしめつけられるだけではなく、未来に希望を見出す前向きな作品です。

大切な人の死を受け止め、自分なりに答えを見つけ出そうとする男の子と、「ボク」の気持ちを受け入れやさしく抱きとめるお母さん。

ふたりのやりとりと、最後に「ボク」がおじいちゃんの居場所を見つけることができた場面に、ほっとすることでしょう。

★著者★

アイリーニ・サヴィデス (Irini Savvides)・サイト

ギリシャ・キプロス系の血を引いた作者は、1967年にオーストラリア、シドニーに生まれる。シドニー大学卒業後、中・高校で国語と演劇の教師となる。

マッコーリー大学の修士課程で書いた小説 “Willow Tree and Olive”が2001年に処女作として出版されるなど、教職のかたわら青少年向け作家としても活躍している。現在はブルーマウンテンに在住。



★絵★オーウェン・スワン(Owen Swan)
フリーランスのイラストレータ―。
1975年オーストラリア、シドニーに生まれ、幼年期をニューサウスウェールズ州とブルーマウンテンで過ごす。

本書のほか、主なイラスト作品に、真の自分は何かを問う現代版おとぎ話 “Lilli-Pilli the Frog Princess”(2010年)、フィル・カミングス作 “Anzac Biscuits”(2013年出版予定)などがある。

★書籍情報★

ジャンル:絵本

発行:2013年2月20日

原書:HIDE and SEEK

タイトル:『もう いいかい?』

定価:1,600 円+税( 1,680 円)

著者:アイリーニ・サヴィデス(作)

   オーウェン・スワン(絵)

訳者:きくた ようこ(菊田 洋子) 

出版社:バベルプレス

 

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません